ブログ

ブログ | 大阪府羽曳野市で愛犬のためのお庭作り、エクステリアリフォームなら「わんライフガーデン」

  • 2022.06.30

ボルゾイファン必見‼ ボルゾイが喜ぶお庭とは?

はじめに

ボルゾイは、ロシアで猟犬として重宝されていた犬種で、名前の由来は「俊敏」を意味するロシア語です。

その名の通り非常に足が速く、本気を出せば時速50km以上で走ることも!

またジャンプ力もあるので、脱走の心配なく十分に運動できる環境を整えてあげることが大切です。

繊細で警戒心の強い性格ですが、しっかりとした信頼関係を築ければ賢く温厚なわんちゃんです。

運動としつけをしっかりして、ストレスを溜めないようにしてあげましょう。

胃捻転を起こしやすいので、食後の激しい運動はできるだけ避けてください。

 

具体的にどんなことに気を付けるべき?

①自由に走り回れる空間

ボルゾイはかなり運動量の多い大型犬種なので、できる限り広い場所を確保することが大切!

わんちゃんの動線に植栽や構造物を配置するのは避けて、直線距離を長くとってあげてください!

またわんちゃんが躓いたり、滑ったりすることのない舗装にするのがベストです!

クッション性の高い人工芝は、わんちゃんの足腰に優しい舗装。

また、わんちゃんが滑りにくい防滑性能のあるタイルなどもあります!

わんちゃんがメインで走り回る場所は人工芝、汚れやすい水廻りやわんちゃんの休憩スペースはタイルといったように、場所によって舗装材を使い分けるのもOK!

 

②熱中症対策

ボルゾイは、ロシア原産で暑さに弱い犬種です。

真夏の気温の高い時間帯に、お庭で遊ぶのは避けましょう!

また、お庭にはシェードやテラス屋根などの日陰を作って、涼めるスペースがあると安心です。

 

また熱中症対策として、こまめな水分補給も大切です!

お庭に立水栓を設ければ、水分補給や水遊びがしやすくなりますね。

また、お散歩から帰ってきたときの足洗場としても機能してくれます。

 

③脱走防止フェンス

わんちゃんをお庭に放して遊ぶ場合は、脱走防止用の囲いが必要です。

ボルゾイが飛び越えられない、1.6~1.8mほどの高さでお庭を囲いましょう!

車や猫など動くものに過剰に反応してしまうコの場合は、目隠しができるフェンスがおススメです!

また二重扉を設ければ、「遊んでいるときにうっかり扉を開けてしまって、わんちゃんが脱走してしまった…」というリスクを減らすことができます。

 

 

いかがだったでしょうか?

 運動量の多いわんちゃんは、毎日のお散歩は欠かせないことと思います。

また、定期的にドッグランに遊びに行っているというわんちゃんもいるかもしれませんね。

けれど飼い主さんが忙しくて遊びに行く時間がとれない…、わんちゃんがケガや病気で外出が難しい…。

そんな時に自宅のお庭がドッグランになれば、時間を気にしたり、他のわんちゃんに気を遣ったりすることなくお外で遊ぶことができます!

 

現在わんライフガーデンでは、2022年12犬種お庭づくりキャンペーンを実施中です!

1ヶ月ごとにキャンペーン対象犬種をinstagramで告知。

その月に対象犬種のためのお庭づくり相談をしていただくと、お庭施工費が¥30,000-引きになります!

そして、7月の犬種はボルゾイです!

皆様のボルゾイちゃんのお庭相談をお待ちしています!

 

 

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

ご相談/お見積り無料!
お気軽にお問合せください

072-930-1128

【営業時間】10:00~18:00【定休日】火水(日はご予約のみ)
お問合せ・来店予約
吹き出しアイコン タップで電話がかけれます
072-930-1128
【営業時間】10:00~18:00【定休日】火水(日はご予約のみ)
お問合せ・来店予約